基本情報

治療内容

医療設備

豆知識

ブログ

取材・講演会

運営サイト

インプラントは一度失ってしまった歯の部分に、人工の根を埋めて固定する方法です。

インプラントは生体に最もなじむチタン製のスクリューです。これを顎の骨に埋めて固定します。

虫歯や歯周病によって、歯がなくなっていくことは、昔から深刻な悩みでした。 歯の役割は、見た目はもちろん、ご飯を食べること、発音をコントロールすること、など健康を維持するにはとても重要です。自分の歯が何本残っているかで、平均寿命もかわるという報告もあります。 かつて歯を失った場合、健康な歯を削ってブリッジにしたり、部分入れ歯にしていました。 しかし、ブリッジにするために、一度削ってしまった歯は弱くなり、虫歯になりやすくなります。また入れ歯のばねをかける歯は、負担がかかり、歯が壊れてしまうこともあります。こうした悪循環で、治療を繰り返した末に、歯がほとんどなくなってしまうこともあります。

このような問題を解決するためにインプラントは開発されました。インプラントは一度失ってしまった歯の部分に、人工の根を埋めて固定する方法です。一度いれると、しっかりと固定され、取り外しの必要がありません。
まさに第二の歯といえるでしょう。

インプラントってどんなもの

インプラントは生体に最もなじむチタン製のスクリューです。これを顎の骨に埋めて固定します。

インプラントを用いない従来の治療法

インプラントを用いない従来の方法

従来の療法では、周りの健康な歯を削りブリッジを装着します。このように形成された歯は、ブリッジを保持する役目を果たしますが、削られた部分は元には戻りません。この削られた部分は細菌に対しての抵抗力が弱まり虫歯になる可能性が高まります。

インプラントを用いた治療法

デンタルインプラントが歯の根の代わりとなり、柱の役目を果たし、周りの健康な歯を削る必要はありません。

インプラントと従来の治療法の比較

インプラント治療の流れ

診査と治療計画
患者様の口腔内の状況を診査し、治療計画をたてます。パノラマレントゲン、模型診断、骨形態診査、咬合検査、歯周病検査等を行い、治療計画を立てていきます。あごの骨の状態が悪い場合は、CTとコンピューター解析による精密検査も行われます。 治療計画を立てるうえでのポイントは、インプラントにかかわることだけではなく、お口全体の問題を検査し、診断することです。 インプラント治療を成功させ、長期にわたって使っていけるようにするには、お口全体の健康を保つ必要があります。
セカンドオピニオン
立案した治療計画を、複数の歯科医師、技工士とはなしあいます。 複数の専門家が、さまざまな角度から厳しい目で、治療計画を検討します。 人間は一人では必ず見落としがあったり、つい偏った見方をしてしまいます。こういった失敗をふせぐために、症例検討会を行うことは、外科領域では当然のことです。
カウンセリング
最終的な治療計画を患者様と話し合います。歯科医は患者様に、細かな情報までしっかりとご説明していきます。 しかし、これが単なる説明で終わってしまっては、意味がありません。 患者様はそれぞれ、インプラントに対する希望と不安をかかえているはずです。そういったものを歯科医がしっかり理解し、治療に反映していくことが重要です。これはインプラント治療にとどまらず、医療全般でいえることですが、患者様と歯科医の間に人と人としての信頼関係がなければ、治療は成功しないでしょう。いくら医学的に正しくとも、それを無理やり押し付けるような医療はよくありません。 カウンセリングをしっかり行い、患者様、歯科医両者が納得して、始めてインプラント治療が行えるのです。
手術(インプラント埋入)
手術(インプラント埋入) インプラント埋入 局所麻酔で、インプラント手術をおこないます。通常のインプラント一本であれば、30から45分程度の手術ですみます。もちろん入院の必要はありません。 骨のなかに埋められたインプラントは周りの骨と結合していきます。(オッセオインテグレーション)骨との結合がインプラントの最大の特徴です。ただ埋めるだけでなく、骨と一体化することで、限りない強度が発揮されるのです。
治癒期間6〜12週間
症例などにより個人差があります。
修復物の装着
治癒期間を経て、インプラントの上に新しい修復物をかぶせます。 修復物は、ネジ式でインプラントに固定するパターンとセメントで固定するパターンがありますが、最近はセメント方式が主流となっています。
メンテナンス
3ヶ月〜半年に1回の定期的な診査とクリーニングでインプラントを長持ちさせます。

インプラントを成功させるには?

歯科医師の経験と手術数

現在多くの歯科医院でインプラント治療がおこなわれています。しかし一方で、その90パ-セントは、年間のインプラント手術数が20本以下という事実があります。
インプラントを年間100本以上手術している歯科医となると、ほんの一握りです。

約90%は年間手術数20本以下の歯科医/インプラントを年間100本以上手術している歯科医はほんの一握り。

インプラント手術は高度な外科治療なので、術者の経験が成功率を大きく左右する、という論文が数多く発表されています。
手術経験の多い歯科医は、インプラントを成功させるために、骨移植や歯肉の形成外科など、さまざまなテクニックを駆使しています。 もちろんこういった技術は、簡単な症例では必要にならないことが多いですが、難易度の高い症例や、手術中におきる突発的な問題に対しては、必要不可欠なものであります。
インプラント治療における、技術進歩はまさに日進月歩です。
多くの症例を経験した歯科医が、新しい技術を習得するために、学会や論文などにより勉強し、日々トレーニングをすることで、間違いのないインプラント治療が患者様に提供できるのです。

手術設備

インプラントの手術を行う際は、滅菌された清潔な器具と環境でおこなうことが基本です。北上尾歯科ではインプラント手術を行う際、以下の点を必ず守るように徹底しています。

オペ室

インプラント手術を、一般治療室と同じ、区切りのない場所でおこなっていることが多いのですが、これは感染の観点から考えるとあまりいいことではありません。
例えば、整形外科で足に人工の関節を入れるときに、ふつうの診察室で他の患者さんがいる横で手術を行うことがありますか?
歯科用インプラントもそれと同じです。人工物を体に入れて機能させるわけですから、感染対策は徹底するべきです。

インプラントの用意

インプラントの用意

インプラント本体は非常に高価なため、多くの歯科医院では在庫をもっていません。事前の診査によって、その患者さんにあったインプラントだけをあらかじめ用意しています。
しかし、実際手術を行うと、毎回予定どうり進むわけではありません。
そんな時、どんな症例にも対応できるように、いくつかのインプラントを用意しておくことが大事なのです。

オペの器具

滅菌された豊富な器具

インプラント手術を成功させるためには、数多くの技術が必要になることがあります。そのテクニックを歯科医がもっているかはもちろん、必要になってくる器具も数多くあります。
たとえ、1000回に1回しか使わない器具でも、いつでも滅菌パックからとりだせるように準備しておく必要があります。
オペは使用する器具によって、かかる時間が大きく変わります。
あるインプラント専門医はいっていました。『弘法、筆をえらぶ』

診査・診断

インプラント治療で欠かせないことは、事前の精密な診査と診断です。骨の密度、厚さ、歯肉の状態、神経の位置、などなど精密な診査が必要です。 かつてはこういった診査を一般歯科用のレントゲンだけでおこなってきました。
もちろん骨の状態がよい場合はこれで十分ですが、そうでない場合は暗闇を手探り状態で進むことと同じで、非常に危険性の高い手術となってしまいます。 そこで最近では、インプラント診査のためにCT撮影とコンピューター解析を行うようになってきました。
通常のレントゲンは立体(3次元)である人の体を、平面(2次元)でうつしだします。
これだと、あごの骨の高さ、横幅はわかりますが、厚みはわかりません。
一方、CT撮影は3次元でうつしだすことができるため、あごの骨の高さ、横幅、厚み、密度まで、正確な数値で診断ができます。 CTは医科領域でははるか昔から使われていましたが、最近になって歯科領域にも応用されるようになりました。
このCT画像をインプラントシュミレーションソフトで解析することで、通常のレントゲンではまず知ることのできない顎の骨の形態を、非常に正確に把握し、適切なインプラント診断ができるようになりました。

CT画像とインプラントシュミレーション

インプラント種類

インプラントには100種類以上も種類があります。

ITI、ブローネマルク、アルトラ、カムログ、3I、POIなどなど、各国各社から、様々なタイプのインプラントが開発されています。それぞれインプラント体の性状や、術式、価格が少しずつ違います。

一番大きな違いとしては、一回法か二回法か、という手術回数の違いです。
インプラントを最初の手術時に、歯肉の中に完全に埋めるのが二回法、歯肉から貫通させるのが一回法です。
二回法はインプラントが骨と結合したら、インプラントのネジ山をだすため、二回目の手術が必要になります。
もちろん手術は何回もやりたくありませんから、一回法のほうがいいように思えます。しかし一回法は、手術後の感染リスクが二回法にくらべて高いといわれています。
ですので、基本的には一回法、リスクが高いときは二回法、という使い分けができるのがベストです。
各患者さまにあったインプラントを選択できるように、複数の種類のインプラントシステムを導入していると非常に心強いでしょう。

ちなみに、多数あるインプラントのなかで、30年以上の実績があり、40カ国以上で使用されているインプラントは数多くありません。
やはり実績のあるインプラントは、他に比べると若干価格が高くなる傾向がありますが、ご自身の体の中に埋めて機能させるものですから、価格だけで決めるべきではないでしょう。

インプラントよくある質問

インプラント治療に年齢制限はありますか?

最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の上限はありません。

歯槽膿漏でも大丈夫ですか?

歯槽膿漏にかかっている方は奥地の中の衛生状態が悪い場合が多く、そのままではインプラントをいれることはできません。治療と正しいはみがきを身につけることで歯槽膿漏を直し、それからインプラントを入れます。

何本いれればいいのですか? 多い方がいいのですか?

抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントをいれる必要はありません。顎の骨の状態によっては入れることができない場合もあります。また、インプラントで維持させる床のついた義歯をいれる場合は少ない数のインプラントで大丈夫です。

治療期間はどのくらいかかるのですか?

一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに使ったインプラントにもよりますが6週間〜24週間かかります。その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。ストローマンインプラントの場合は、インプラント手術の後、数週間で上の歯まで入れることができます。

インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

口の中だけの局部麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい30分〜120分位です。ただし麻酔が切れてかえあは傷口の痛みがまったくないわけではありません。手術後1〜2日痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治まります。

治療の成功率はどのくらいですか?

成功率を分析するために複数の病院で1003人の患者さんに計2359本のインプラントを入れ、8年間に渡って追跡調査した文献報告では、90%以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。

以前の自分の歯と同じように噛むことは できますか?

インプラントは顎の骨としっかりとくっついて丈夫な台となり、りんご、たくあん、せんべい、あわびの造り、するめなどほとんどの物はしっかりと噛めます。以前の自分の歯以上かもしれません。

基本情報

治療内容

医療設備

豆知識

ブログ

  • 虫歯は痛くない
  • 歯を抜かない先生はいい先生?
  • 続きを見る
  • 取材・講演会

    運営サイト