基本情報

治療内容

最先端医療設備

豆知識

ブログ

取材・講演会

運営サイト

マイクロスコープ(最新顕微鏡治療)

現在、脳外科や心臓外科の手術で欠かすことのできないものが、マイクロスコープとよばれる医療用顕微鏡です。

院長・大石とマイクロスコープ
マイクロスコープ

マイクロスコープは肉眼の30倍の拡大率を可能にし、従来人間の目で見ることのできなかったものがみえるようになりました。

歯科医院でマイクロスコープを取り入れているところはほとんどありませんが、われわれ歯科医が対象とするものは、本小さな歯、そしてその中に通っているさらに小さな歯の神経、血管です。これらは、脳や心臓の血管と同じくらい細かなミクロの領域です。マイクロスコープによってミクロのより繊細で正確な治療が可能となり、多くの歯を救うことができると確信しております。

マイクロスコープで何ができるの?

むし歯治療

むし歯を削るとき、肉眼ではミリの単位で削っていきます。一方マイクロスコープを使うことで、ミクロのレベルでむし歯を削ることができるようになります。むし歯の部分だけをより精密に削り取ることができるため、健康な歯を削る必要がほとんどなくなります。

歯の根の治療

歯の神経は非常に細かく枝分かれしているため、肉眼では神経を見落としてしまったり、根が破折していることに気づかない場合があります。その結果、痛みの原因はっきりせず、何度も何度も根っこの治療をした経験がある方もいらっしゃるでしょう。根の治療をしてもなかなか痛みが取れない場合は、一度マイクロスコープによって根の中の状態を検査し、原因を特定するとしっかりとした診断と治療がおこなえます。

神経の状態|歯の破折)

つめものの精度

通常の保険つめものは、肉眼ではピタッとしているようにみえても、実際では〜ミクロンほど隙間があるといわれています。むし歯の原因となる細菌は匹ミクロン程度ですから、隙間からどんどんつめもの中に侵入していきます。
これが一度つめたものの中に、むし歯ができる理由です。マイクロスコープを使うことで、つめものの精度をあげることでむし歯をふせぐことができます。

適合性の悪い銀歯|銀歯をはずした状態(ないところに虫歯ができています。)

*この写真はわかりやすいように低倍率でとっています。 実際にはこの写真の5倍程度まで拡大した状態で治療を行っております。 そのほかにもあらゆる歯科治療において、顕微鏡治療は有効です。
★ 治療は保険適用外となることもありますので、ご相談ください。

基本情報

治療内容

最先端医療設備

豆知識

ブログ

  • 外来環の施設に認定されました!
  • エムドゲインによる骨の再生
  • 続きを見る
  • 取材・講演会

    運営サイト