基本情報

治療内容

最先端医療設備

豆知識

ブログ

取材・講演会

運営サイト

歯科用CT検査

北上尾歯科は 最新の歯科専用CTを導入しています。歯科用CTのある歯科医院は 全国で1%未満です。

北上尾歯科は 最新の歯科専用CTを導入しています。歯科用CTのある歯科医院は
全国で1%未満です

歯科用CTって?

従来のレントゲンでは把握できなかった歯や骨の状態、神経、血管の走行などを、 精彩な3D画像により、確実に診断することができます。

一般的なレントゲンは立体物を平面に写しだしますので、前後的な位置関係や重なっている部分を診断することは困難です。 一方CTは立体物をそのまま3D構築した画像としてみることができるので、従来のレントゲンでは把握できなかった歯や骨の状態、神経、血管の走行などを確実に診断することができます。 医科では以前よりCT撮影がおこなわれてきましたが、医科用CTは放射線被爆量が多いことや、歯のように細かい組織を診断するには不向きであることから、なかなか歯科に応用されることはありませんでした。 しかし、最近歯科用CTの開発がすすみ、通常の歯科用レントゲンと同じ程度の放射線量で精度の高い画像を撮影することが可能となりました。

歯科用CTはどんな時に有効?

インプラントの術前診査はもちろん、歯周病、親知らずの抜歯、根の治療、矯正などあらゆる治療で利用することで、より精密な診断が可能です。患者様にとってもわかりやすい画像を事前にみることで病気の詳細が把握できますし、歯科医師もよりみえない部分がみえるということは治療の精度が大幅に向上します。

インプラントでは

神経や血管までの距離を正確に測定するうえでCTは必須となります。一般的なには術前にCTだけを大学病院などの専門機関に依頼してインプラント手術をおこないますが、自医院にCTがあれば手術中でも撮影が可能ですので、より安心、安全な手術が可能です。

親知らずでは

あまり知られていないですが、親知らずを抜く際にも神経や血管を損傷するリスクが存在します。CT撮影することで通常のレントゲンでは診断不可能だった、親知らずと神経、血管の位置関係を正確に把握できます。また親知らずの三次元的な方向を確認することで『もう少し待てば、より簡単に抜くことができる』『問題がないので抜く必要がない』など様々な診断が可能です。

根管治療では

歯の根は複雑に分岐、湾曲していることが多く、それが根の治療を困難にしています。CT撮影することで分岐したどの根に膿みがたまっているのか、根がどの方向に曲がっているのかを診断することができます。

一般的な歯科のレントゲン写真は平面的で診断が難しい

顔を正面からとった画像 横に埋まっている親知らずを診査するために オレンジ色部分のCTをとりました。
静脈鎮静法の特長

最新の歯科用CTは立体的な3D画像であらゆる角度から正確な診断が可能

さらにレントゲンで青の方向、緑の方向からみた画像|3D画像でのシミュレーション

撮影に必要な放射線量は?

当医院のCTはフィルムを用いないデジタルタイプで、さらに歯科専用に開発されたものですので、一般的なCTに比べると非常に小量の放射線で撮影が可能です。 具体的には、日常生活2日間で自然から浴びる放射線量と同程度ですから、お子様や妊婦の方の撮影も問題はないと考えられます。

CT撮影費用は?

顎骨の腫瘍や神経が近い親知らずの抜歯などの場合は保険適用になることもあります。(症例が限られていますので歯科医師にご相談ください) インプラントや矯正治療などの診断では保険外となりますので、5,000円〜10,000円(税抜)いただいております。

基本情報

治療内容

最先端医療設備

豆知識

ブログ

取材・講演会

運営サイト